カルチャークラブメンバー

  1. メンバー一覧
  2. あ行
  3. か行
  4. さ行
  5. た行
  6. な行
  7. は行
  8. ま行
  9. や行
  10. ら行
  11. わ行
  12. ジャンル一覧

原島 博(はらしま ひろし)

コミュニケーション工学者/東京大学名誉教授

原島 博(はらしま ひろし)

Hiroshi HARASHIMA

プロフィール

1945年生まれ。現在に至る。
もともとは情報理論を中心とする数学の理論の美しさに魅せられて研究者となったが、不惑の歳に惑い始めて「人間」に関心を持つようになる。45歳のときに電子情報通信学会にヒューマンコミュニケーションの研究会を設立、50歳のときに日本顔学会を設立し、99年に上野で開かれた「大顔展」の企画の中心になった。
また55歳のときに東京大学に文理融合の大学院情報学環の設立に尽力して、文系と理系、さらには科学と芸術を融合した自分なりの新しい学問体系の構築を夢見ている。
現在、東京大学大学院情報学環に所属して、大学院情報理工学系研究科教授、工学部電子情報工学科教授も兼務している。

対外的な活動

総務省情報通信審議会委員
NHK放送技術審議会委員
日本顔学会設立発起人代表・理事
日本バーチャルリアリティ学会会長
日本アニメーション学会副会長理事 など

主要著書

「ディジタル信号処理」電子情報通信学会、共著(1975)
「情報と符号の理論」岩波書店、共著(1983)
「画像情報圧縮」オーム社、編著(1991)
「感性と情報処理」共立出版、共著(1993)
「仮想現実学への序曲」共立出版 bit増刊、編著(1994)
「ヒューマンコミュニケーション工学シリーズ」オーム社、企画監修(1994)
「インターネット時代のマルチメディア技術」アスキー出版局、監修・共著(1996)
「人の顔を変えたのは何か」河出書房新社、共著(1996)
「顔学への招待」岩波書店、(1998)

受賞

電子情報通信学会業績賞(1980,1992)、論文賞(1990,1992)
最優秀論文賞(米沢ファウンダースメダル受賞記念特別賞)(1990)
米沢記念学術奨励賞(1973)
電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)(1989)
テレコム功績賞(テレコム旬間推進協議会会長表彰)(1992)
国際AI財団学術業績賞(1992) 、市村学術賞功績賞(1993)
テレビジョン学会丹羽高柳賞業績賞(1994)
映像情報メディア学会藤尾記念賞(1997)
志田林三郎賞(情報通信月間推進協議会会長表彰)(1997)
総務大臣表彰(2002) など

戻る

【ご連絡先】ENJIN01「カルチャークラブ」CULUTURE CLUB

株式会社 渡辺プロダクション
ENJIN01(ゼロワン)「カルチャークラブ」事務局
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町12番10号 渋谷インフォスアネックス7階
TEL:03-5428-8711 FAX:03-5428-8717

お問い合わせ 会の趣旨・テーマ・ご予算など、ご要望に合わせてご相談させていただきます。